家財の火災保険金額の決め方

家そのものの保険は、ある程度の予測も立てられますが、家財の火災保険金額の決め方となると、戸惑ってしまうという事はありませんか。

わが家の家財の価値がどれほどなのか、また火災被害等に遭った場合、生活再建のためにどれくらいの金銭がひつようになるのか、という点は非常にわかり辛いでしょう。

家財の火災保険金額の決め方には、いくつかポイントがあります。家財には、靴下から大型テレビなどの家電に至るまでが保障範囲となるのですが、契約時には「時価」で保障されるプランを選ぶか、「原価」で保障されるプランを選ぶかの選択ができます。

基本的に、家族構成などで一般的な保障額は提示されますので、それを元に考慮すると良いでしょう。家財の火災保険金額の決め方の指針となり便利です。

なお、家財の火災保険金額の決め方で気を付けておきたいのが、現金、有価証券どは保障外となります。これらは、出来れば銀行に預けておいたほうが安心です。

また自動車なども補償対象外ですので、注意しておきたいものです。

ジュエリーなどの貴金属、宝石類や美術品などは別に申告しておかなければ、いざという時に保障されません。またこちらは時価価格での補償額となるので、この点も家財の火災保険金額の決め方に関する、大きなポイントとなるでしょう。

家財の火災保険金額の決め方には、このようにポイントを踏まえながら考慮するようにしてください。

[関連サイト]
火災保険 口コミ – 家事になる前に火災保険に加入を

がん保険 給付金

一般的な病気と違い、がんの入院手術には、3割負担であろうとも非常に高額な医療費がかかる現状にあります。また高額医療制度の適用も、一定の医療費の支払額を超えた時点で請求することとなります。

すべての人が、まとまったお金を常に用意できているわけではありません。そこで、がんと診断されたらすぐに支給される、がん保険の「がんである」と診断されたときに請求できる給付金、診断給付金が非常に役立ちます。

入院し、手術を行い、その後に請求となる入院のための給付金が、がん保険にも基本的には付帯していますが、手続きなどで実際に給付金が手元に入るまでには時間がかかります。

ですが、がん保険の診断給付金であれば、割とすぐに支払われるため、医療にかかるお金のストレスがぐっと減ることは確かです。

一日の入院保障よりも、がん保険では給付金を重視せよという説もあります。給付金は必要ないというケースを除き、一般的には100万円の給付金があれば、備えをしているといえる状態だといえるでしょう。

がん保険は、契約してから一定期間が経過しないと、保証開始となりません。慌てないためにも、給付金もポイントにしながら、がん保険に加入することは現代人にとって、大きな安心を手に入れることになるといえます。

[関連サイト]
がん保険 口コミ – もしもの時のがん保険選び
メディコム 評判 – 最近のメディコムがん保険

節税できる保険

企業経営者に限らず、一般の私たちでも節税できる保険があります。それは、生命保険と地震保険です。所得税から10万円以上の節税が見込めると聞けば、詳しく知りたくなりませんか?

まずは地震保険控除。地震保険控除は、節税できる保険としてあまり浸透していないようですが、非常に効果的な保険となっています。

東日本大震災以降、地震保険への加入者は増加傾向にありますが、支払額によっては所得税、地方住民税で10万円近くの控除がなされます。

生命保険控除は、浸透していますね。生命保険の契約年月日によって、制度が多少異なります。2011年12月31日がポイントです。

上記日付以前に契約した生命保険は旧制度が適用され、2つの生命保険(一般と個人年金)が控除されますが、2012年1月1日以降の契約ではそれに介護医療保険も控除対象となりました。

ただ新しい制度のほうが得かというとそうではなく、旧制度のほうが内容が良いというケースもありますので、保険を見直す際には節税できる保険かどうか、という観点も忘れないようにしたいものです。

また節税できる保険はその種類によって、保険金額の支払いが一定額を過ぎると控除額は同じという事もありますので、現在加入している保険や見直す際の保険に関し、プロの意見を取り入れることも節税につながるといえるでしょう。

[関連HP]
節税対策 保険 - 経営者は必見のサイト
保険 相談 評判 – 相談しながら決めるかしこい保険選び